So-net無料ブログ作成

IQ200になる習慣 苫米地英人著 を読む [苫米地英人]

またまた苫米地先生の本です。

IQ200になる習慣

オーディオブックです。
[オーディオブックCD] IQ200になる習慣








私はこちらで安い方を買いました。

頭を良くする方法、IQを確実に上げる方法に関して書いた本です。
ものすごく大雑把にポイント書くと、
・IQを上げるには、「思考の抽象度」を上げる訓練をすることが重要である。
・受験勉強は抽象度が上がらない立ち止まった勉強である。
・TVは見るな。TVを見ていると抽象度が下がる。
・ドリルは老化防止には役に立つがIQアップに効果がない。
・物を見る時に言葉にできないレベルまで抽象度を上げて考える。
 例えば、 犬 → 哺乳類 → 動物 → 生物 → 有機物 → ?(笑)
・脳に負荷をかける。(ちょっと難しい問題を考える)
・ジャンルを限定せずに月に100冊本を読む。(例えば売上ランキング上位100冊)

まあ、確かに書かれていることをやっていれば抽象思考が上がると思います。(^^)
そんなメインの話よりも私のフックにかかったのが、
・米国に行って数週間で現地人並みの英語を話すことができた。
・もらった英語の教科書は一日で丸暗記していた。
といった話です。確か、「自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」」では、数週間ではなくて数カ月だったと思うのですが...。まあ、どっちでもすごいことには変わりませんが、数か月の方が真実味はありますね。最近出てきた「共感覚な天才・・・天は二物を与えた」の中野裕太さんも「どんな言語でも3カ月あればマスターできる」と言っているそうですから、そういう人たちがいることは確かだと思います。
話は違いますが、私はぜひ水道橋博士の鼎談に苫米地先生と中野裕太さんを呼んで欲しいと切に思っています。この二人がどんな話をするか見てみたいです。(^^)

そして、この本を読んで一番スッキリしたのは以下の点です。苫米地先生と言えば、華麗なる経歴で有名です。
自分がやろうとしたことでトップになることしか興味がない。
①中学時代にニューヨーク大学で数学(微分方程式など)を学ぶ。
②ディベートのため、交換留学生でマサチューセッツ大学に行く。
③フルブライト奨学生制度でイエール大学に留学する。
④カーネギーメロン大学に籍を移す。
⑤カーネギーメロンの大学院生の頃、徳島大学で助教授をして博士論文を書く。
でも、最後の「徳島大学」がいつも気になっていました。「なぜ徳島大学なんだ?」、「なんで東大や京大じゃないんだ?
徳島大学は、日本で初めて人工知能の学部ができた大学らしいですし、青色発光ダイオードで有名な中村修二氏の母校でもありますが、それでもすっきりしませんでした。

この本の最後に苫米地先生の母校である、イェール大学カーネギーメロン大学の話が書いてあります。イェール大学は徹底的にリベラルアーツを追究し、カーネギーメロン大学は、豊富な国防予算を使って最先端の実学を追究しているそうです。そのような世界でもTopクラスの大学に通っていた苫米地先生からみると日本の大学のレベル差など、差があってないものと思えるのだな~と理解できました。

何せ、世界の大学ランキングでは日本の大学はTopの東大でも22位で、100位以内に6校しか入っていないのです。こんな状態であれば、東大も京大も徳島大もその他大勢の一つでしかないことには変わりありません。

苫米地先生は、今の時代になって東大を目指すのはナンセンスである、世界のTopの大学を目指すべきだ、と言っています。確かにその通りですね。

うちの息子は中二で町のクラブチームに入ってサッカーをやっています。Jチームにはかなわないものの、町のクラブチームの中では強い方のチームです。その息子が、以前は熱心に見ていたJリーグの試合を全く見なくなってしまいました。今関心があるのは、ヨーロッパのクラブチームの試合だけのようです。
ここでハタと気がつきました。ヨーロッパのクラブチームの世界のTopレベルの試合を見てしまうと、Jリーグの試合がつまらなくなっているのだと...。

おそらく野球や他のスポーツの世界でもそのようなことがあるのだと思います。大学に関しても早くそうなることを期待しています。


ブログランキングに参加しています。記事が気にいったらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

苫米地先生のその他の本は、

・洗脳支配
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28
・頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-02-23
・ビジネス成功脳 スピード構築
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
・まずは親を超えなさい!
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-26
・苫米地英人 宇宙を語る
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-01-10
・夢をかなえる洗脳力
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-12-26
・IQ200になる習慣
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-25
・年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-17
・スピリチュアリズム 
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23
・自伝ドクター苫米地 「脳の履歴書」
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-04
・自伝 ドクター苫米地「脳の履歴書」 を読む その2
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-10
・脳と心の洗い方
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-09-01
・営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15
・苫米地先生の「洗脳護身術」はトンデモ本か? それとも山本氏がドンデモか?
 http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

このブログの目次です。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17-1









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0